Woman Smile Report 女性たちの暮らしと意識をレポートします

「手作り(ハンドメイド)について」

20代で2人に一人。「自分の手作り作品をSNSに投稿」経験アリ。

2016/04/27

20~30代女性の3割以上が、手作り販売サイトでの購入経験あり。

20代の2人に1人は、自分の手作り作品をSNSに投稿。

 

ここ2~3年でスマートフォンが急激に拡大する中で、スマホアプリで1点モノの手作りアクセサリーや洋服などを販売するハンドメイドマーケットECが注目を集めています。その中のひとつ、国内最大級を誇る「minne」には、20万5千人の作家さんが登録し、約250万点の作品が掲載されています。そこで今回は「手作り(ハンドメイド)」に対する意識や実態をベルメゾンデッセ会員のみなさんにお聞きしました。その結果、20~30代女性の3割以上が手作り販売サイトで作品を購入した経験があり、20代女性の半数が自分の手作り作品をSNSに投稿した経験があることがわかりました。ご回答いただいたみなさん本当にありがとうございました。では調査結果をご一緒にみていきましょう。

 

  • 調査は2016年3月30日~4月14日にインターネットで実施。20~60代女性2873名の回答結果を集計しました。

「手作り」に関心ある女性は4人に3人。

まず初めに手作り(ハンドメイド)にどれくらい関心を持っているかを尋ねると、全体の73.7%の女性が手作りに関心を持っていることがわかりました(「とても感心がある」30.4%、「まあまあ関心がある」43.3%の合計)。年代別でみると、30代が77.6%、60代が78.1%と平均を上回り、手作りに興味を持っている人が多いことがわかりました。

 

Q.あなたは手作り(ハンドメイド)に関心がありますか?

Q.あなたは手作り(ハンドメイド)に関心がありますか?

“手作り”から受けるイメージは「楽しい」「心がこもっている」「世界に一つだけ」

手作り(ハンドメイド)ということばからどんなことをイメージするか聞いてみると、「楽しい」50.3%、「心がこもっている」47.9%、「世界に一つだけ」47.3%が上位に入りました。20代30代は「心がこもっている」と感じている人が他の年代に比べて多く、60代では「世界にひとつだけ」を挙げる人が他の年代より約10ポイント高い結果となりました。

 

Q.手作り(ハンドメイド)ということばからどんなことをイメージしますか(あてはまるものすべて)

Q.手作り(ハンドメイド)ということばからどんなことをイメージしますか(あてはまるものすべて)

手作りの良さは「好みのデザインが作れること」75.7%。

手作りの良さを聞いてみると、「好みのデザインのものを作れる」と回答した人が最も多く全体の75.7%、次いで「既製品にはないぬくもりを感じる」40.8%、「ストレス発散になる」31.3%が続きました。年代別では、「20代は「節約できる」と答えた人が他の年代に比べて高く、60代では「既製品にはないぬくもりを感じる」と答えた人が全体平均を20ポイント近く上回るなど、年代によって手作りに対する価値感に違いがあることがみえてきました。

 

Q.手作り(ハンドメイド)の良さはどんな点だと思いますか。(あてはまるものすべて)

Q.手作り(ハンドメイド)の良さはどんな点だと思いますか。(あてはまるものすべて)

7割の女性が、手作り経験者。

この5年以内に手作り(ハンドメイド)したことがある人は、全体の70%。年代別でみると、60代が最も高く79.2%、次いで30代の73.7%が続きました。20代が最も少なく58.9%に留まりました。

 

Q.あなたはこの5年以内に手作り(ハンドメイド)したことはありますか?

Q.あなたはこの5年以内に手作り(ハンドメイド)したことはありますか?

人気手作り№1は、「裁縫(ソーイング)洋服や着物のリメイク」

この5年以内に手作りをしたと答えた人に、どんな手作りをしたのか聞いてみました。その結果、最も多かったのは「裁縫(ソーイング)洋服や着物のリメイク」で全体の48.0%、次いで「バッグやポーチ類」38.7%、「子どもの入園グッズ」34.8%、「編み物」33.9%が続きました。年代別でみると、30代の1位は「子どもの入園グッズ」で51.6%。小さなお子様を持つこの世代ならではの特徴が出ました。20代では「DIY」が32.9%と全体平均に比べ15ポイント以上上回り、最近のDIYブームはこの世代が牽引していることが推測できます。また、50代60代は昔ながらの「編み物」が2位にランクイン。年代によって手作りするものの好みに違いがあることがわかりました。

 

Q.この5年以内に、あなたが手作り(ハンドメイド)したことのあるものをお答えください。(あてはまるものすべて)

Q.この5年以内に、あなたが手作り(ハンドメイド)したことのあるものをお答えください。(あてはまるものすべて)

手作りのきっかけは、「趣味のひとつとして」「必要に迫られて」「市販よりも安くできそう」

この5年以内に手作りをしたと答えた人に、手作りしたきっかけを伺いました。上位に入った理由では、「ずっと楽しめる趣味のひとつとして」32.8%、「入園や入学グッズを作らないといけなかったから」32.3%、「買うよりも自分で作った方が安くできると思ったから」32.0%、「市販品を見て自分も作れそうだと思ったから」28.1%、「市販品に気に入ったものがなかったから」26.2%という結果になりました。年代別でみると、20代では、「ブログやフェイスブックを見て」と答えた人が全体平均を約16ポイント上回る23.7%。若い世代はSNSの影響を受けて手作りをはじめた人が多いことがわかりました。また30代40代では「入園入学グッズを作らないといけなかったから」が1位、必要に迫られて手作りをはじめた人が多いようです。50代60代では、「ずっと楽しめる趣味のひとつとして」が最も多く、生涯に亘って手作りを楽しもうと考える人が多いことがみえてきました。

 

Q.あなたが手作り(ハンドメイド)されたきっかけを教えてください。(あてはまるものすべて)

Q.あなたが手作り(ハンドメイド)されたきっかけを教えてください。(あてはまるものすべて)

手作りに関する情報収集は「インターネットの検索」「書籍や雑誌」。

この5年以内に手作りをしたと回答した人に、手作りに関する情報をどこから入手しているか尋ねました。その結果を見ると、「インターネットの検索」が63.4%で最も多く、次いで「書籍や雑誌」60.6%が続きました。20代30代はインターネット派が多く、40代以降になると書籍や雑誌派が徐々に多くなってきます。また20代30代では「ブログやSNS」派が他の年代に比べ多く、年代により情報収集の方法にも違いがみられました。

 

Q.手作り(ハンドメイド)に関する情報はどこから入手していますか?(あてはまるものすべて)

Q.手作り(ハンドメイド)に関する情報はどこから入手していますか?(あてはまるものすべて)

手作り材料の購入先上位は「手作り材料専門店」と「100円ショップ」。

この5年以内に手作りをしたと回答した人に、手作りに必要な材料はどこから購入したか聞いてみました。その結果、最も多かったのが「手作り材料専門店」の72.5%、次いで「100円ショップ」の62.8%が続きました。3位には「インターネット通販」30.0%が入りましたが、手作り材料専門店と100円ショップが、手作り派の御用達ショップとして大きな存在であることがわかりました。年代別でみるとDIY経験者が多い20代は「ホームセンター」の利用が他の年代に比べ約8ポイント上回っています。また60代では「百貨店」を利用する人が10.5%、「習っているカルチャーセンターや教室」9.2%と全体平均を上回る結果になりました。

 

Q.手作り(ハンドメイド)に必要な材料はどこから購入しましたか?(あてはまるものすべて)

Q.手作り(ハンドメイド)に必要な材料はどこから購入しましたか?(あてはまるものすべて)

「手作りキット」を利用したことがある人は6割弱。

これまでに材料がセットになっている「手作りキット」を購入したことがある人は全体の56.2%(「この5年以内に購入したことがある」37.5%、「この5年以前に購入したことがある」18.7%の合計)。6割弱の女性が手作りキットの購入経験者であることがわかりました。

 

Q.材料がセットになっている「手作りキット」を購入されたことはありますか?

Q.材料がセットになっている「手作りキット」を購入されたことはありますか?

手作りしたもの、7割以上が「自分で使う」。

手作りしたものはどんな風に使っているのでしょうか。最も多かったのが「自分で使っている」と答えた人で全体の73.4%。次いで「子どもが使っている」52.8%、「友人や知人にプレゼントした」32.6%、「家に飾っている」32.6%が続きました。30代では「子どもが使っている」人が最も多く、50代以降になると「家に飾っている」人の割合が他の年代より高い結果となりました。手作りを趣味として楽しむのはもちろん自分の作品を飾って楽しむ人が多いのは、50代以降の特徴といえそうです。

 

Q.手作り (ハンドメイド)したモノは、どうしていますか?(あてはまるものすべて)

Q.手作り (ハンドメイド)したモノは、どうしていますか?(あてはまるものすべて)

SNSへの投稿、20代では2人に1人。

手作りした作品をフェイスブックやブログ、インスタグラムといったSNSに投稿することがある人は、全体の26.0%(「よくする」7.4%、「時々する」18.6%の合計)。年代別でみていくと20代は48.6%と最も多く、2人に1人が投稿している実態がみえてきました。次いで30代は35.7%。若い世代は手作りしたものをコミュニケーションのネタとしても利用している人が多いことがわかりました。

 

Q.手作りした作品はフェイスブックやブログ、インスタグラムなどのSNSに投稿することがありますか?

Q.手作りした作品はフェイスブックやブログ、インスタグラムなどのSNSに投稿することがありますか?

カルチャーセンターやハンドクラフト教室の利用経験者は2割弱。

これまでにカルチャーセンターやハンドクラフト教室に通ったことがある人は18.7%(「5年以内」10.6%、「5年以前」8.1%の合計)。年代別でみると50代60代での利用経験者が平均に比べ約8ポイント多くなっています。

 

Q.この5年以内に、手作りを習うためにカルチャーセンターやハンドクラフト教室に通ったことはありますか?

Q.この5年以内に、手作りを習うためにカルチャーセンターやハンドクラフト教室に通ったことはありますか?

1ヶ月の手作り予算、8割強が「3000円未満」。

1ヶ月の間に、作りに使ってもよいと思う金額をきいてみました。全体では「1000円~2000円未満」と答えた人が30.4%、「1000円未満」が29.5%で並びました。次に多かったのは「2000円~3000円未満」の20.3%。8割以上が1ヶ月間の手作り予算は3000円以内という結果になりました。20代30代では「1000円未満」と答えた人が全体より多く、60代では「2000円~3000円未満」と答えた人が多く、年代により予算に対する考え方が多少違うことがわかります。

 

Q.あなたが1ヶ月に手作りに使ってもよいと思う金額はおよそいくらですか?

Q.あなたが1ヶ月に手作りに使ってもよいと思う金額はおよそいくらですか?

手作り作品の販売サイト、知名度№1は「ミンネ」。

このところ急激に利用者のすそ野が広がっている手作り作品の販売サイト。代表的なサービス名について知っているかどうかを聞いてみました。その結果最もよく知られていたのは「ミンネ」で全体の34.6%。2位の「ク―リマ」の11.6%を大きく突き放しました。ミンネは20代では49.6%、30代では43.2%が知っていると回答。高い認知率を示しました。テレビコマーシャル等での大々的な広告宣伝の効果が表れる結果となりました。

 

Q.あなたが知っている手作り作品の販売サイト(ハンドメイドマーケットサービス)を教えてください。(あてはまるものすべて)

Q.あなたが知っている手作り作品の販売サイト(ハンドメイドマーケットサービス)を教えてください。(あてはまるものすべて)

3割弱が手作り販売サイトで「他人の作品を購入」。

手作り販売サイトの利用経験について聞いてみると、「他人の作品を購入したことがある」と答えた人は全体の28.6%、20代30代では3割を越える結果となりました。また「自分の作品を販売したことがある」人は全体の9.7%。こちらも20代は14.7%、30代は13.1%で若い世代を中心に手作り販売サイトの利用が今後も増えていくことが予測されます。

 

Q.手作り作品の販売サイト(ハンドメイドマーケットサービス)を利用したことがありますか?

Q.手作り作品の販売サイト(ハンドメイドマーケットサービス)を利用したことがありますか?

今後手作り品を販売するイベントに参加したい、7割弱。

手作り品を販売するイベント(手作り市やクラフトマーケットなど)に参加したことがある人は全体の36.2%(「客として」33.0%、「作家として出品」0.8%、「客としても作家としても」2.4%の合計)。今後、そのようなイベントに参加してみたいか意向を聞くと、全体の67.5%が参加したいという意向を示しました。(「客として」49.6%、「作家として出品」3.8%、「客としても作家としても」14.1%の合計)。年々各地で広がりを見せる手作りイベントは今後もますます拡大していくのではないでしょうか。

 

Q.手作り品を販売するイベント(手作り市・クラフトマーケットなど)に参加したことはありますか?

Q.手作り品を販売するイベント(手作り市・クラフトマーケットなど)に参加したことはありますか?

Q.今後、手作り品を販売するイベント(手作り市・クラフトマーケットなど)に参加したいと思いますか?

Q.今後、手作り品を販売するイベント(手作り市・クラフトマーケットなど)に参加したいと思いますか?

20代30代は「ワークショップ」への参加にも前向き。

これまでに手作りのワークショップに参加したことがある人は全体の24.5%とそれほど高くないものの、今後の意向を聞いてみると全体の47.8%がワークショップへの参加意向を示しました。特に20代30代では親子で参加するワークショップを中心に参加意向が高く、今後は手作りワークショップの開催が盛んになっていくことが予測されます。

 

Q.手づくりのワークショップに参加したことがありますか?

Q.手づくりのワークショップに参加したことがありますか?

Q.今後、手作りのワークショップがあれば参加してみたいと思いますか?

Q.今後、手作りのワークショップがあれば参加してみたいと思いますか?

今後手作りしてみたい人は84%。

最後に、今後機会があれば手作り(ハンドメイド)してみたいかを尋ねました。結果は、84.0%が「してみたい」と回答。年代別では60代が91.7%と最も高い意向を示しました。手作りしたいと思う内容では、1位が「縫製(ソーイング)洋服や着物のリメイク」」44.0%、次いで「バッグやポーチ」の35.9%、「編み物」32.6%が続きました。年代別では、20代30代で「子どもの入園グッズ」を挙げる人が他の年代に比べ目立つ結果となりました。

今後機会があれば手作り(ハンドメイド)してみたいか

■手作りの思い出やエピソードを自由に書いてもらいました。

小さい頃に母親が作ってくれた洋服やカバン・・・。たくさんの方の心の中に、幼少時代の嬉しかった思い出として残っているようです。今は、洋裁や編み物と言えば趣味的な感じもしますが、昔は、特別な事ではなくごく日常的な事、家事のひとつだったようです。昔も今も、世界中で一つしかないオリジナリティーあふれるハンドメイドの温かみと優しさは変わらないようです。みなさんからいただいた手作りの思い出やエピソードの中からご紹介します。

 

  • 子どもの頃はかばんも服も母の手作りで今思えば手作りって温かいなあとしみじみ思う。(26歳・正社員・鳥取県)
  • あまり器用な方ではないのですが、出産前に子供にファーストシューズを作りました。これを機に子供にとって、自分にとって特別な物は頑張って手作りしていきたいと思いました。今後は子供の入園グッズを作れるようになりたいと思っています。(28歳・その他・埼玉県)
  • ベビー用の帽子を毛糸で編んで作ったのですが、初めて作ったためサイズ小さくて入らなかった。(28歳・正社員・愛知県)
  • 旦那さんと結婚する前、まだお付き合いしたての頃に、初めてフルマラソンを走る旦那さんに手作りのお守りを作った。裁縫は得意ではなかったけど、裁縫出来るよってアピールにもなったかも!笑(28歳・主婦・福岡県)
  • 母に作ってもらったお弁当袋は捨てずにずっと使っています。手作りってやっぱり嬉しいもので、捨てられない思い出です。(33歳・正社員・千葉県)
  • 妊娠中入院しており、マタニティパジャマが何枚かあった。産後は着ないので、子供達のパジャマにリメイクした。今でもそれは捨てずに取ってあります。(35歳・主婦・岐阜県)
  • お母さんが小学生の時にエプロンや学校の袋を作ってくれてとても嬉しかった。今でも キルトのバッグが残っていて じゃりんこちえの絵柄を見ると 当時の事を思い出して 懐かしく思う。古くなっても捨てられない。(36歳・主婦・静岡県)
  • 子供の頃、母が服やバッグを作ってくれたので、私も子供にしてあげたいと思っていました。共働きだけど、入学準備品くらいは手作りしてあげたいと思い、出勤前皆が寝ている間にコツコツ作り、忙しかったけど、やっぱり作るのは楽しいなーと思いました。(37歳・正社員・神奈川県)
  • 子供の入園グッズを作った時のことです。仕事があるので、毎晩夜な夜な作っていました。できた~っ!と、完成したものを次の日に持たせたら、なんと、手提げのひもが、半分ひねって縫い付けていました。残念・・・(37歳・パート・岐阜県)
  • 毎年夏には娘にワンピースを作って着せています。生地を採寸して裁断して…と、段々作業も大がかりになってきて、肌で子供の成長を実感するのが楽しみの一つです。上手にできあがると、「お母さんが作ってくれたのー」と嬉しそうに何度も着てくれるので、作り甲斐もあります。入園グッズなど、必要に駆られて作ることも多いですが、やはり、子供やプレゼントする人の喜ぶ顔を想像しながらモノづくりをするのって幸せだなぁとつくづく感じています。(37歳・主婦・奈良県)
  • ちょっと飽きたので子どものブラウスを作りかけて半年放置したら、完成したころには見事にサイズアウトした。(40歳・主婦・北海道)
  • 子供のころ、アニメで見た「お母さんがロッキングチェアーに座って編み物をしている」シーンに憧れ、編み物を始めました。クリスマスプレゼントに編み棒のセットをもらい、30年以上現役で使っています。(40歳・主婦・宮城県)
  • 昨年1月に入院中の義母を見舞いに行ったとき、夫が随分前に私が編んだセーターを着ていました。それを見て「私も欲しい」と言ってくれた義母の為、お花モチーフのついたストールを編み始めました。お花モチーフ部分を先に編み終わったころ、義母は逝ってしまいました。お花は棺に納めさせてもらいました。手向けの花になってしまったようで、何とも言えない気持ちです。(42歳・パート・大阪府)
  • 自分が子どもの時、幼稚園や小学校に持参するバックなどを母が作ってくれたことを覚えています。自分自身は、手作りできる自信も経験もなく、難しいかなぁとあきらめてましたが、友人が手伝ってくれ、娘のお弁当袋とコップ入れを作ってやれました。娘のためにと作るのは、とても楽しく、幸せな時間でした。(42歳・正社員・広島県)
  • 昨春引越しをし、それを機にダイニングチェアにカバーを作ろうと思い立ち、布を買いました。1脚分が出来上がったところで満足し、一年近く経った今もまだ残りの3脚分には取り掛かっていない(43歳・主婦・大阪府)
  • 母の思い出です。刺繍や編み物が大好きで上手でした。子供の頃はほとんどお手製。友達の既製服が羨ましかった記憶があります。でも母のお手製。世界でひとつ私だけのためのオーダーメイドなんて贅沢で幸せなことだったのでしょう・・・大人になって母が他界してから気づいたことです。(44歳・正社員・兵庫県)
  • 羊毛フェルトが流行っていた頃、動物のマスコットを作りましたが顔が可愛く作れませんでした。息子達から「可愛くない」「怖い」「夢に出そう、うなされそう」と散々酷評され、プレゼントしようと思っていたのに…と落ち込みました。でも長男が「まあ、魔除けにはなるかもね」としぶしぶもらってくれたのでいい思い出です。(44歳・主婦・東京都)
  • 子供が小さい頃から欲しがるもはなるべく手作りしていたので娘もお店で「買って」ではなく「これ作れる?」と聞き、作れる作れない関係なく買いたくないものとかがあれば「作れる」と言って買わずに済ませてました…。でも、作ったものはとても大切に使ってくれていたので嬉しかったです。(49歳・主婦・奈良県)
  • 主人と付き合っている頃に編んだカーディガンを大学生になった娘が、可愛いと着ているのを見ると、何だか嬉しくなる。(49歳・正社員・愛媛県)
  • 叔母に教えてもらった、古布を使った”つるし飾り”をたくさん作りました。東日本大震災の時、何ヶ所か仮設住宅の集会所、災害のあった高等学校の女子の部室に私の作った”つるし飾り”を飾っていただきました。思いがけなく、ある高校の女子の子たちから、お礼のお手紙をいただきました。とてもうれしかったこと。その手紙は私の宝物です。(52歳・主婦・山形県)
  • 次男が保育園に入り、自由な時間が出来ました。そのタイミングで、結婚した時に母が持たせてくれた裁ちばさみが引き出しの奥から見つかり、手作りをはじめました。最初は簡単なぬいぐるみを作ったことを憶えています。あれから20年以上経ち、今も必ず1日1回は針を持つことに決めて、なにかしら作りつづけています。あの裁ちばさみがなかったら、わたしの日々はちがうものになっていたかも。(56歳・自営業・愛知県)
  • 母が洋裁、和裁、編み物が出来る人で、子供の頃は浴衣、振袖、スカート、手袋等々作ってもらっていました。子供ながら、何処の母親もそれが当たり前だと思っていたくらいでした。そうして、二十数年が経ち今では孫達に洋服を作り、それを着てくれる事が私の喜びでしたが、娘から孫達の為だけに作るのは勿体ない、趣味で続けていくのであれば作った洋服を作品=商品として売ってはどうか」と背中を押され一昨年よりハンドメイドサイトのクリエーターとして仕事と家事の合間にベビー・キッズ服を製作、販売するようになり今に至っています。世界中で一つしかないオリジナリティーあふれるハンドメイドの温かみと優しさを教えてくれたのは母でした。これを、娘達、孫達にどんな形でも良いから伝えていければ嬉しい限りです。(56歳・その他・北海道)
  • 一人娘が段飾りのおひなさまが欲しいというので、家族で一緒にフェルトのおひなさま飾りを作りました。小物などは買いそろえていきましたが、20年以上たった今でもちゃんとひな祭りには飾ることにしています。家族の大切な手作り品です(57歳・主婦・北海道)
  • 子供がいないので、小さな洋服を作って「ニャンズ」に着せています。けっこう上手に着てくれるので自分のブログにも写真を載せ、けっこう楽しんでもらっています。若いころは、自分の洋服も作っていましたが今は面倒なので、小さいものならすぐに出来て楽しいです。(63歳・その他・大阪府)
  • 子供のころから作るのが好きで何かしら作っていました。50台半ばすぎから勧められて委託販売をするようになりましたが、直接買ってくれる方とコミニュケーションをとりたくてサイトに出すようになりました。あまり売れませんが見ていただけるのがうれしいです。(66歳・主婦・神奈川県)

調査を終えて

私たちベルメゾン生活スタイル研究所では、2008年に発生したリーマンショック以降、女性生活者の暮らし方や消費スタイルに3つの変化が生まれていることを「しあわせ予報2009”トクメキキ消費時代“」の中で発表させていただきました。
(☛PC版のみ、こちらからご覧になれます。http://www.b-desse.jp/cocoro/2009/

 

3つの変化とは、

①目先の損得よりも中長期的なおトクを考えて生活する『ロングレンジ思考』 

②単に消費するだけでなく自ら何かを生み出していく『生産者志向』 

③足し算の暮らし方から引き算の暮らし方へ『シンプル嗜好』という3つのシコウの変化です。

その内のひとつ、自分で育てたり、手作りしたりといった創造的生活を楽しむ「生産者志向」の女性は今や大多数を占めていることが今回の調査を通して改めて実感しました。ハンドメイド作品を作る人も買う人も安心して楽しめるフリマアプリの浸透やインスタグラムやピンタレストといった画像投稿SNSの普及によって、プロ級の女性作家さんが今まで以上に増えて活躍の舞台が広がっていくことや、世界に一点しかないお気に入りの作品を手軽に楽しめることはとても素敵な時代になったな、と感じました。

一覧に戻る