Woman Smile Report 女性たちの暮らしと意識をレポートします

「インフルエンザ」について

7割がインフルエンザ予防接種!

2016/11/30

28-01

 

これからの季節、一番気を付けたいのが「インフルエンザ」。

今年は流行が早まっているようですので、感染予防も今からしっかりとしたいですね。

そこで、今回は「インフルエンザについて」です。

ここ1年以内にお子さんはインフルエンザに罹りましたか

28-02

お子さんはインフルエンザの予防接種をしますか?

28-03

インフルエンザの予防接種を「する」65.1%。「しない」21.9%。「迷っている」13.0%と言う結果でした。
インフルエンザの予防接種を「する」「しない」理由についてお聞きしました。

28-04

 

■予防接種を「する」理由
 1、かかりにくくし重症化しない為に(632)
 2、集団生活をしているから(163)

 

予防接種を「する」理由としては、「かかりにくくし、重症化、重篤化しない為」でした。予防接種をしても「インフルエンザにかからない訳ではない」と理解した上で重症化予防といった意見が多かったです。また保育園・幼稚園、学校などで集団生活をしているので、「感染を予防する。広げないため」が2番目に多い結果となりました。

 

■予防接種を「しない」理由
1、予防接種しても罹る(168)
2、予防接種が高額(76)
3、副作用・副反応が心配(29)

予防接種を「しない」理由としては、「予防接種をしても罹る」。という方が多く、予防接種をしたから軽く済んだという実感がない。という効果についての疑問。
その上、自費ということもあり家族全員で接種した場合、高額になってしまう。注射後の腫れや痒み等副反応を経験した方や副作用への不安などが大きな要因でした。その代りに予防を徹底的にするというご意見多かったように感じます。

 

予防接種を「する」「しない」のご意見は分かれましたが、ネットや病院など、様々な情報収集をした結果、各家庭ごとの事情を踏まえ判断しています。

次は、外出先と家の中でどのようにインフルエンザ予防をしているのか聞いてみました。

 

28-05

 

■外出での予防について実施していること
1、マスクをする(842)
2、人ごみに出かけない(383)
3、手洗い・うがいの徹底(447)
その他には消毒用アルコール・除菌ウェットシートなどを持ち歩き、感染を防ぐなど。

 

■家の中で気をつけていること
1、手洗いをする(794)
2、うがいをする(782)
3、部屋を加湿する(726)
その他には空気清浄器を使うといった方も多くいました。

最後に、これまでインフルエンザに罹った時のお話を聞いてみました。

 

28-06

 

●インフルエンザA型に罹患したのち、完治から3日後にB型にかかって丸々2週間近く苦しんだ。途中自力で水分もとれなくなり救急車で病院に搬送された。やはり予防が一番だと思う(静岡県30代)

 

●家族が順番にかかってしまい、食事に困ったことがあるので、非常食として冷凍食品やレトルトの調理の簡単な物、家族の人数×三食分ぐらいは常にあるようにしています。(大阪府40代)

 

●子どもが順番にインフルエンザにかかってその後自分が感染してしまい、結局1ヵ月ほど家から出られず困りました。ストック食材を切らさないようにすることと、ネットスーパーの利用申し込みをしました。(大阪府40代)

 

●インフルエンザは、発熱前からの倦怠感、全くなにもする気になれず、しばらくして猛烈な寒気からの発熱で身体の痛みがとにかくつらいです。人ごみや電車内ではマスクも大切ですが、手からの感染もすごいときいて、流行期には手袋をしています。(神奈川県40代)

 

●自分がかかると本当に大変。寝たきりになるので家庭の中がまわらない。とにかくマスクは大事だと思う。マスクをするようになってから、自分はかからなくなった。(静岡県40代)

 

●子供から旦那さんへとうつり、私以外みんなインフルエンザになったので、看病が大変でした。寒い季節、マスクや手洗い、うがいなど、普段から子供達にもいつも以上に気をつければよかったなと感じました。(愛知県30代)

 

●インフルエンザで一番困ったのは自分がかかった時でした。実家が近所なので母が時々買い物したものや食べ物を玄関の前においていってくれたり、夫が早く帰宅したり、子どもたちと近寄らないようにしたり。。周りにとても迷惑をかけてしまいました。
回復してからは洗濯や掃除がたまっていたのでそれらを片付けるのも大変でした。
お兄ちゃんが料理を少しできたのですが、それ以外の家事も少しはできるように教えておかなくてはいけないと思いました。(大阪府40代)

 

●子供の食べ残しをもったいないから、食べたら 翌日子供がインフルになり、数日後私もインフルにかかったから、二度と食べ残しは食べない(茨城県40代)

 

●子ども二人が感染した後、自分もインフルエンザになってしまった。下の子どもが元気にはなったが、自宅待機の時に、自分は熱でつらい状態になってしまい、夫に仕事を休んでほしかったが、普通に出勤してしまい、元気な子どもの世話をしながら、自分は熱で本当に辛かった。(静岡県40代)

 

●自分と子供が発熱し医者を受診するとインフルエンザと言われた。どこでもらったのだろうと思っていたが、4、5日前に主人が医者に行っていたので何気に薬の袋をみたらタミフルが入っているでは!まさか、主人からもらっていた!?びっくりして主人に確認すると『うん。インフルエンザだったわ』!『えー!!聞いてないよー』まさかの展開。聞いていたらうつらないように予防したのに。今ではちゃんと報告するようにして家族間でもうつさない(うつらない)ように、子供がかかったら家族もマスクを着用して防いでます。(石川県40代)
防接種を毎年受けているので、インフルエンザにかかったときにかかりつけの医師に「インフルエンザにかかったと思うので検査をしてください。」とお願いしたのに、予防接種を受けているから大丈夫と言われて、フラフラで帰った。でもやはり次の日に「検査をお願いします」と懇願しに行って検査してもらったら、「インフルエンザね」と。それからかかりつけの病院を変えました。(愛知県40代)

 

●予防接種をしても毎年夫が効果が薄れる3月末にインフルエンザにかかる為、完全に隔離し子供達との接触を避けてます。食事も別室。夫の寝る部屋も加湿、ドアノブ等は小まめに消毒。そのおかげか、家族内での感染は一度もありません。(北海道30代)

 

●私ではなく母の話なのですが、数年前、電車に乗ってて、隣の座っていた年配のサラリーマンがひどい咳をしているにも関わらずマスクもせず、手をあてるでもなく咳き込んでいたらしいです。翌日、体調が悪くなり病院に行ったところ、インフルとの診断。「この季節はマスクは自分は元気でも予防に必ず着けるようにする」と話していました。昔は病気の人がマスク、でしたが今は元気な人でも予防の為にマスク、病気の人は必ずマスクは常識中の常識だと思います。(大阪府40代)

 

みなさんインフルエンザ予防をしっかりしている様子がわかりました。

それでも、罹ってしまった場合は他者に移さないよう隔離をし、しっかりとお休みしましょう。ママがインフルエンザに罹ると家事や育児に支障をきたす事が多く、ママ自身が辛い思いをしますからね。お子さんのことも大切ですがママもきちんと栄養、睡眠、手洗い、うがい、マスク着用で元気に過ごしてくださいね。

 

 

一覧に戻る