アンケートレポート

2017/04/06

4人に1人は夜8時以降に洗濯、日常的に室内干しは3割。
「クリーニング店」の利用は9割弱、「集配・宅配クリーニング」は共に1割以下。
「コインランドリー」6割が以前より利用しやすくなった。

 

働く女性の時短家事のニーズ、夜間の洗濯禁止や外に洗濯物を干せない住宅事情、服装のカジュアル化などライフスタイルの変化によって、イマドキの洗濯事情はどうなっているのでしょうか。
今回のアンケートでは、自宅での洗濯、クリーニング店、コインランドリーについてベルメゾンデッセ会員に聞いてみました。

●調査は21017年2月22日~3月9日にインターネットで実施。20~60代女性3642名の回答結果を集計しました。

◆7割弱が「毎日」洗濯をする。

どのくらいの頻度で洗濯をしているのか尋ねたところ、全体の68.6%が「毎日」洗濯をしていると回答しました。
「週4~6回」の12.1%を合わせると、8割が週4日以上洗濯している結果となりました。
「毎日」の回答が最も高いのが30代の76.6%で、最も低いのが60代の52.9%となりました。

 

Q:あなたのご家庭では、どれぐらいの頻度でお洗濯をされますか?

◆4人に1人は、夜8時以降に洗濯。

洗濯をする時間帯は、全体の「~7時台」の33.4%と「8時~11時台」の34.4%を合わせた67.8%が午前中に洗濯をしています。
「20~21時台」14.1%と「22時~」10.3%を合わせた24.2%は、夜の8時以降に洗濯していることも分かりました。

 

Q:平日、何時くらいにお洗濯をされることが多いですか?

◆3割が、日常的に洗濯物の室内干し。

洗濯についてあてはまるものを尋ねたところ、全体で最も多かったのが「①ネットに入れて分け洗いをしている」83.2%、次いで、「②香りつきの洗剤や柔軟剤を使う」66.5%、「③お気に入りの衣類や色落ちのするものは別洗いをしている」55.9%と続きました。
年代によって違いが見られたのは、「②香りつきの洗剤や柔軟剤を使う」、「③お気に入りの衣類や色落ちのするものは別洗いをしている」、「④洗濯機の洗濯槽のお手入れをしている」、「⑧取扱い表示マークの指示に合わせて洗濯をする」の4項目。「②香りつきの洗剤や柔軟剤を使う」では、20代が高く60代で低くなっています。「③お気に入りの衣類や色落ちのするものは別洗いをしている」と「⑧取扱い表示マークの指示に合わせて洗濯をする」は、年代が上がるにつれて高くなっています。「④洗濯機の洗濯槽のお手入れをしている」では、20代だけが低くなっています。また、「⑩洗濯物は日常的に室内に干している」では、年代に関係なく約3割が日常的に室内に干していることも分かりました。

 

Q:お洗濯について、あてはまるものを教えてください?(複数回答)

◆3人に1人が、ふとん・毛布・カーテンなど大型の物を洗う目的でコインランドリーやクリーニング店を利用。

この1年に、ふとんや毛布、カーテンなど大型の物を洗ったのは、全体の83.6%。年代別にみると、「洗った」の割合が最も低かったのが20代の72.0%。年代が上がるにつれ「洗った」の割合が高くなり、最も高かったのが60代の87.6%でした。9割以上が「家の洗濯機」で洗っていますので、コインランドリーやクリーニング店は併用した利用となります。コインランドリーやクリーニング店の利用しているのは、年代による違いはなく全体の34.6%(複数利用も1人とした純人数ベース)で、3人に1人が大型の物を洗うためにコインランドリーやクリーニング店を利用しています。

 

Q:この1年で、ふとんや毛布、カーテンなど大型の物を洗いましたか?

◆1年以内の「クリーニング店」の利用は9割弱、「集配・宅配クリーニング」は共に1割未満。

クリーニング店、集配クリーニング、宅配クリーニングの利用状況を尋ねたところ、この1年にクリーニング店を利用したのは、全体の86.4%、集配クリーニングは7.7%、宅配クリーニングは6.5%でした。1年以上前も含めた集配と宅配クリーニングの利用経験は、集配20.4%、宅配15.7%と2割程度の利用経験率でした。
クリーニング店、集配クリーニング、宅配クリーニングの利用状況では、年代による違いは見られませんでした。

 

Q:クリーニング店、集配クリーニング、宅配クリーニングの利用状況を教えてください。

◆20代の4割が「宅配クリーニング」を知らない。

集配クリーニング、宅配クリーニングの利用経験がない人に、どの程度知っているかを尋ねたところ、全体の7割以上は集配・宅配クリーングの存在を知っているものの、知らないの回答も集配で17.1%、宅配で25.3%ありました。年代別では、集配・宅配クリーニグとも、年代が上がるほど「知らない」の回答は少なくなります。集配クリーニグで「知らない」の回答が20代の35.5%に対し60代の9.3%、宅配クリーニングでも20代の40.6%に対し60代の17.3%と認知率に大きな差が見られます。

 

Q:あなたは、集配・宅配のクリーニングについてどの程度ご存知ですか?(利用経験のない人)

◆クリーニング店の利用、「年に1~2回」が5割で最多。

この1年にクリーニング店を利用した人の利用頻度は、最も多かった「年に1~2回」の48.3%と2番目に多い「2~3か月」の29.9%で全体の8割となり、月に1回以上利用する人は2割程度となりました。クリーニング店利用頻度では、年代による違いは見られませんでした。

 

Q:この1年に、クリーニング店をどの程度利用しましたか?

◆この1年に「コインランドリー」を利用したのは、4人1人。

この1年にコインランドリーを利用したのは、全体の25.9%で、1年以上前に利用したの35.9%を合わせると、コインランドリーの利用経験は62.8%となります。この1年のコインランドリーの利用では、最も多い20代の29.5%に対し最も低い60代で20.9%と利用率にやや差が見られるものの、1年以上前の利用も合わせると、20代で61.7%に対し60代で64.1%と利用経験率は同程度となります。

 

Q:この1年で、コインランドリーを利用したことはありますか?

◆コインランドリーを利用する理由は、「毛布やブランケットなど大型の物を洗うため」が71.1%でダントツ1位。

この1年にコインランドリーを利用した人の利用理由で最も多かったのが、「毛布やブランケットなど大型の物を洗うため」が71.1%でダントツ1位、次いで、「梅雨時期や雨が続く時期に乾燥までできるため」39.0%、「クリーニング店に出すより安上がりになるため」23.7%と続きました。「その他」の回答では、旅行先で利用した、洗濯機が故障したのでという理由が目立ちました。
年代による利用理由の違いは見られませんでした。

 

Q:コインランドリーを利用した理由を教えてください。(複数回答)

◆コインランドリーを利用しない理由のトップは、「家の洗濯機で充分なので」の79.0%。

コインランドリーを利用したことのない人の理由で圧倒的に多かったのが、「家の洗濯機で充分なので」79.0%、次いで、「衛生面で不安があるので」56.1%、「お金がかかるので」、「コインランドリーまでの持ち運びが面倒なので」、「洗濯が終るまでの待ち時間がもったいない」がほぼ同スコアで続きました。50・60代では「衛生面で不安があるので」が高いのに対し、20・30代では「お金がかかるので」「コインランドリーまでの持ち運びが面倒なので」で高くなる傾向が見られました。

 

Q:コインランドリーを利用しない理由を教えてください。(複数回答)

◆6割が「以前より、コインランドリーが利用しやすくなった」

以前よりコインランドリーが利用しやすくなったと感じているのは、全体の64.3%(「そう思う」17.9%と「わりとそう思う」46.4%の合計)。年代別でみると、60代が全体より10ポイント低いものの、20代から50代は全体と近いスコアになっています。
コインランドリーのイメージの自由回答からは、「汚い、こわい、暗い、狭い、単身者・学生・男性が使う場所」のようなよくないイメージとそういうイメージを払拭するような、「おしゃれ、安心、きれい、便利」などよいイメージのコメントに分かれました。

 

Q:最近は、電子マネーの対応や、洗濯・乾燥が終了するとスマートフォンに通知するサービス、空き状況をチェック出来るサービスなどのIT化や女性専用、カフェスペース、駐車場など設置されたコインランドリーが登場するなど、以前よりも利用しやすくなったという声も聞かれます。
あなた自身、そのような声についてどう思いますか?

 

Q:コインランドリーのイメージを教えてください。(自由記述回答)

◆20代の4割弱が、今後コインランドリーを「利用したい」

今後のコインランドリーの利用意向は、「利用したい」「どちらともいえない」「利用したいと思わない」がそれぞれ3割台と回答が分かれました。年代別にみると、利用意向の最も高かったのが20代の38.3%。年代が上がるにつれて利用意向が低くなり、最も低かったのが60代の24.8%でした。

 

Q:今後、あなたはコインランドリーを利用したいと思いますか?

調査を終えて

今回の調査からは、7割弱の方が毎日洗濯をしていますが、4人に1人が夜8時以降の洗濯や3割が日常的に室内干しをするなど自宅の洗濯のスタイルもいろいろあるようです。年々減少しているクリーニング店ですが、ほとんどの方が利用しています。しかし、服装のカジュアル化の影響からか月に1回以上の利用が2割と頻度は多くありません。宅配や集配クリーニングも受け渡しの時間がネックになるようで利用者は少ないです。
年々増加しているコインランドリーは、クリーニング店より利用者はずっと少ないですが、大型の物を洗うことが利用目的となっています。最近のコインランドリーは進化しているようで、以前のよくないイメージからよいイメージに変わってきているようです。
洗濯機のIoT化やクリーニングやコインランランドリーの時代に合ったサービスの登場など、まだまだ進化しそうです。時間とお金のバランスを考え、自宅での洗濯、クリーニング、コインランドリーを上手に使い分ける生活者が増えるのではないでしょうか。

一覧に戻る