Woman Smile Report 女性たちの暮らしと意識をレポートします

『子供服』について

1シーズンの予算「5千~1万円未満」が4割。

2017/03/15

 

春になってくると、明るい色の洋服に目が行きますよね。

子供には可愛い(かっこいい)洋服を着せてあげたい!と思うのは親心。

 

でも、すぐに大きくなって着れなくなってしまうので。。。今シーズンだけのジャストサイズを買うか。来年も着れるように大きめを買うか。サイズ。デザイン。本人の好みやこだわり。

そこで今回は、子供服ついて3歳~6歳のお子さんをお持ちのデッセ会員さんにお聞きしました。

 

 

 

1人の子供に掛ける1シーズンの洋服予算額は「3千円~1万円」が6割。
内訳は「5千円~1万円未満」34.5%。「3千円~5千円未満」26.9%でした。

では、子供服を選ぶ際、重要視しているポイントを聞いてみました。

 

 

 

デザイン、価格の安さ、サイズ、着心地、素材の良さという順序になりました。

更に、その中でも一番重視しているポイントを聞いてみると・・・

 

 

 

デザインに続いて、着心地が価格の安さより上位に挙がってきました。

 

 

 

8割はママの意見を重視。残り2割は子供の意見を重視しているということでした。

お子さん自身のこだわりや好みがはっきりしているということのようです。

 

●メーカーによってもしくはブランドによってサイズ感がまちまち。お尻の部分があまりすぎていたり、伸縮性がなく子供が穿いてくれなかったりするので購入したが失敗した洋服がたくさんある。(神奈川県/30代)

●なかなか試着まではできないので、メーカーによりサイズ感が違うので、サイズで悩む事が多いです。結局大きめを買ってすぐには着られないことが多いです。。。(福島県/30代)

●デザインを重視しすぎている服が多くて、実際に着せてみると、子ども自身が動きづらかったりすることがある。(埼玉県/40代)

●デザインが凝っていて、尚且つ一人で脱いだり着たりがしやすい服がなかなかない。
(愛知県/30代)

●流行りに沿った洋服が売られているのはいいんですが、股上が浅いとか、スキニーで細めとか流行りのものは子供にとっては着心地が良いものではないみたいで嫌うので、着心地の良い服を探すのが大変です。(広島県/30代)

●母親である私が、着心地が良さそう、脱ぎ着しやすそうだと思っても、子供が実際に着て過ごしてみると文句を言われることが多い(北海道/20代)

●子どもにお揃いの服を着せたいと思ったとき、性別が違ううえに、ベビーとキッズサイズだとなかなか揃うものがなかったこと。(兵庫県/30代)

●すぐに着られなくなる…安く済ませたいけど、生地が弱くてすぐに破けそうになったり透けたり毛玉だらけになってしまう(広島県/30代)

●来年も着れるようにと大きめを購入するが、どこまでなら多少大きめでも今着れるのか、着せないとわからない。(福岡県/30代)

●4歳を過ぎ、ピンク系、プリンセス系ばかり好み、私がシンプルな服を買おうとしても子供の好みと合わない。(富山県/40代)

●化学繊維を使っていない物を選びたいが、最近のリーズナブルな物の中から選ぶのが困難になってきている。(兵庫県/40代)

●顔大きめぽっちゃりめなので細身の服が買えない、肌が弱いのでポリエステル混紡は避けたいが可愛くて安いものはポリエステル混紡が多い。(宮城県/30代)

 

■メーカーやブランドによってサイズが違う

■デザインで選ぶと着心地が悪い

■肌に優しい素材の商品が少ない

■性別、年の差によってはお揃いを選びにくい

■大きめのサイズの選び方がわからない

■親と子供のセンスが違う

今回は、「子供の洋服について」聞いてみました。

いかがでしたでしょうか。

 

デザイン性の高い洋服が多くなっていく中、子供自信が着脱しやすい。着心地が良い洋服を求めている様子がわかりました。

更にメーカーやブランドによる同一サイズのサイズ違い、伸縮性、天然素材を求める声などが多くありました。

成長の早い時期ですが、ママもお子さんも着心地のよいファッションを楽しみたいですね。

一覧に戻る