アンケートレポート

2017/04/20

ベルメゾン生活スタイル研究所 ウーマンスマイルアンケート
◆結果報告:「春からの新生活」について

 

3人に2人が新生活や新年度に向けて「衣料品」を準備
DM・新聞広告チラシがきっかけで購入3割、メールマガジンは2.5割

 

この春から自分や家族で生活に変化がある人は全体の4割。新年度や新生活の準備として購入した(予定)人は全体の66.8%。生活に変化がある人では85.1%、生活に変化がない人でも53.1%が購入。購入した商品ジャンルは衣服や靴鞄などファッション小物が中心。DM・新聞広告チラシがきっかけで購入したのは3割、メールマガジンは2.5割。

 

●調査は21017年3月23日~4月6日にインターネットで実施。20~60代女性3137名の回答結果を集計。

◆今春から生活に変化があるのは、4割。

今年の春から、生活に変化があるかどうか尋ねたところ、「変化がある」と回答したのは全体の42.9%でした。20代から40代は40%を超え、50代60代は30%台となっています。変化があると回答した人の変化の内容では、「家族の入園・入学、卒業」が53.2%でダントツの1位でした。「家族の入園・入学、卒業」は、30代の63.8%が最も高く、次いで40代の57.7%、20代の43.0%と続き、50代60代でも30%を超えています。すべての年代で変化の内容のトップとなっています。(60代は「家族の就職、退職、起業」と同率)

Q.この春から、あなたやあなたのご家族で、生活に変化がありますか?

Q.この春から、あなたやあなたのご家族で、生活に変化があることがあれば、お聞かせください。(いくつでも)

◆3人に2人が新生活や新年度に向けて「衣料品」を準備。

今春からの新生活や新年度に向けた準備品を購入したのは、全体の66.8%でした。『変化あり』は85.1%に対し、『変化なし』では53.1%と32ポイントの大きな差がありました。購入(購入予定も含む)した商品ジャンルでは、全体では「衣料品」の67.7%がトップで、次いで「靴、鞄、腕時計、ファッション小物」の42.8%、「スクール用品、学習用品」の38.6%と続きます。『変化あり』は『変化なし』よりもすべての商品ジャンルで購入の割合が高くなっています。「スクール用品、学習用品」、「家電用品」、「家具」は他の商品ジャンルに比べて、グループ間の差が大きくなっています。

Q.今春からの新生活や新年度に向けての準備として、お買い物をしましたか?(プレゼントは除く)

Q.今春からの新生活や新年度に向けての準備として、購入した・購入予定のものがあれば、ご家族用のものも含めてお聞かせください。(いくつでも)

◆新生活や新年度のスタート後も、3割が購入予定あり。

今春からの新生活や新年度に向けた準備品の購入時期は、直前の「3月」が全体の60.4%で最も多く、次いで「これから購入予定」が34.7%、「2月」が30.5%と続きます。新生活や新年度用の衣料品やファッショングッズは、「3月」に購入されやすいと推察されます。『変化あり』は『変化なし』に比べて購入する時期は早めですが、新生活や新年度がスタートする4月以降も購入の予定をしているのは、変化ありなしに関係なく3割を超えています。

Q.今春からの新生活や新年度に向けての準備として、いつ頃に購入されましたか?(いくつでも)

◆7割が「店舗」で新生活や新年度の準備品を購入。

今春からの新生活や新年度に向けた準備品の購入場所は、「店舗」が全体の71.4%で最も多く、次いで「ネット通販」の45.2%、「カタログ通販」は13.7%でした。すべての購入場所で、『変化あり』は『変化なし』より高くなっています。

Q.どこで、購入されましたか?(いくつでも)

◆「春の新生活応援」キャンペーン・フェアなどの案内DMで購入したのは、3割。

「春の新生活応援」キャンペーン・フェアなどの案内DMが届いたのは、全体の56.4%。(「内容まで見た」の35.5%と「内容まで見ていない」の20.9%の合計)。『変化あり』でDMが届いたのは64.2%(「内容までも見た」と「内容まで見ていない」の合計)は、『変化なし』の50.5%より13.7ポイント高くなっています。「内容まで見た」だけを見ると、『変化あり』の43.5%は『変化なし』の29.4%より14.1ポイント高くなっています。
DM内容を見た人が実際に購入したのは、全体の30.1%ですが、『変化あり』の37.7%は『変化なし』の21.6%より16.1ポイント高くなっています。

◆「春の新生活応援」キャンペーン・フェアなどの案内メールマガジンで購入したのは、2.5割。

「春の新生活応援」キャンペーン・フェアなどのメールマガジンが届いたのは、全体の64.8%(「内容まで見た」の32.8%と「内容まで見ていない」の32.0%の合計)。『変化あり』の69.9%(内容までも見たと内容まで見ていないの合計)は、『変化なし』の61.1%より8.8ポイント高くなっています。「内容まで見た」だけをみると、『変化あり』の39.6%は『変化なし』の19.9%より11.8ポイント高くなっています。
メールマガジンを見た人が実際に購入したのは、全体の25.6%ですが、『変化あり』の31.0%は『変化なし』の19.9%より11.0ポイント高くなっています。

◆「春の新生活応援」キャンペーン・フェアなどの新聞広告・チラシで購入したのは、3割。

「春の新生活応援」キャンペーン・フェアなどの新聞広告・チラシを見たのは、全体の47.1%(「内容まで見た」の20.2%と「内容まで見ていない」の26.9%の合計)。『変化あり』は52.9%(内容までも見たと内容まで見ていないの合計)は、『変化なし』の42.7%より10.2ポイント高くなっています。「内容まで見た」だけを見ると、『変化あり』の25.0%は『変化なし』の16.6%より8.4ポイント高くなっています。
新聞広告・チラシを見た人が実際に購入したのは全体の29.5%ですが、『変化あり』の39.2%は『変化なし』の18.5%より20.7ポイント高くなっています。新聞の購読者が減少していることがDMやメールマガジンより認知率が低くなったと推察されます。

◆2人に1人は、キャンペーンにつられて「ついで買い」。

今春の新生活のキャンペーンに限定せずに今までのキャンペーン全般についての質問では、「キャンペーンで直接関係ない商品をついでに購入したことがある」の回答が全体の49.3%と2人に1人がついで買いをしています。「キャンペーンの特典・サービスに多少不満があっても、商品が気に入って購入したことがある」は全体の48.4%ですが、「各社のキャンペーンの内容を比較して購入したことがある」も全体の46.0%とほぼ同じ割合となっています。また、全体の38.5%が「キャンペーンの特典・サービスに惹かれて、普段あまり利用しない場所で購入したことがある」と回答しています。4つの質問とも『変化あり』は『変化なし』より10ポイント程度上回っています。

Q.下記のそれぞれの質問について、あてはまるかどうかお答えください。(2選択肢の「あてはまる」の数値)

調査を終えて
春からの新生活に向けた「新生活応援キャンペーン」は、家具や家電のイメージが強いですが、準備品の購入は衣料品やファッション小物が圧倒的に多いようです。3月になると卒業・入学シーンや新社会人に向けたフォーマルな洋服や通勤着やパステルカラーの服が中心となり、春を感じさせます。今春から生活に変化がある人は4割ですが、生活に変化がある・ないにかかわらず女性はシーズンの始まりには新しいお洋服が欲しくなるのではないでしょうか。「新生活応援キャンペーン」ではDM、メールマガジン、新聞広告知チラシのどれが優れていて、どれが劣っているとは言えませんでした。インターネットの普及の影響で販促ツールの多様化やSNSの登場に因るところが大きいのSNSではないでしょうか。

一覧に戻る