アンケートレポート

2017/08/28

ベルメゾン生活スタイル研究所 〈ウーマンスマイルアンケート〉 
◆結果発表:「女性の生活意識アンケート調査」(第11回) ⑤これからの生活や収入について

ベルメゾン生活スタイル研究所では、2012年6月から半年に1回、女性を対象にした生活意識アンケート調査を実施しています。
この調査は、女性の生活実感や景況感、消費や節約意識について聞いた結果を時系列データとしてまとめたもので、今回は、全7回に分けてレポートいたします。

●調査は21017年6月8日~6月22日にインターネットで実施。30~50代女性2391名の回答結果を集計しました。

来年の配偶者の給料「増えると思う」2.9ポイント増加、

1年後は生活しやすくなっていると「思う」1.5ポイント増加。

これから1年後は生活しやすくなっていると「思う」人は前回より1.5ポイント増加の11.5%、「思わない」人は3.3ポイント減少の47.8%で前回調査から僅かながら改善する結果になりました。一方で、来年の配偶者の給料についても「増える」と思う人は前回より2.9ポイント増加の16.7%、「増えると思わない」人は2.3ポイント減少の47.9%と配偶者の収入増の期待感も僅かながら回復基調にあります。

来年の経済状況は今より「マシになると思う」8.7%(前回比1.1ポイント増加)、 「そう思わない」48.0%(前回比2.2ポイント減少)

来年の経済状況は今よりマシになると思う人は、「とてもそう思う」0.8%、「わりとそう思う」7.9%を合わせた8.7%に留まり、前回調査より1.1ポイントの増加。一方、「あまりそう思わない」33.9%、「全くそう思わない」14.1%の合計は48.0%となり、こちらは前回調査よりも2.2ポイント減少。「どちらともいえない」と回答した人も前回調査より1.2ポイント増加しましたが、依然として厳しい経済予想が続いています。
年代別では、30代で来年の経済状況は今よりマシになると思う人が前回から2.6ポイント増加の11.0%(「とてもそう思う」1.0%、「わりとそう思う」10.0%の合計)と、少数ですが他の年代よりもマシになると思う人が多くなっています。

 

これから一年後は「生活しやすくなっていると思う」11.5%(前回比1.5ポイント増加)、 「そう思わない」47.8%(前回比3.2ポイント減少)

これから一年先は生活しやすくなっていると思う人は、「とてもそう思う」1.4%、「わりとそう思う」10.1%を合わせた11.5%に留まり、前回調査より1.5ポイントの増加となりました。一方、「あまりそう思わない」31.9%、「全くそう思わない」15.9%の合計は47.8%で、前回調査より3.2ポイント減少しました。経済状況と同様に、生活のしやすも依然として厳しい予想が続いています。

 

 

 

配偶者やパートナーの来年の給料(収入)は「増えると思う」16.7%(前回比2.9ポイント増加)、 「そう思わない」43.9%(前回比2.3ポイント減少)

配偶者やパートナーの来年の給料(収入)は増えると思う人は、「とてもそう思う」1.9%、「わりとそう思う」14.8%を合わせた16.7%で、前回調査より2.9ポイント増加。一方、「あまりそう思わない」25.4%、全くそう思わない」18.5%の合計は43.9%となり、こちらは前回調査よりも2.3ポイント減少。
年代別では、40代50代で前回調査と大きな変動はありませんが、30代は前回調査から「増えると思う」が9.4ポイント増加し、「そう思わない」が7.6ポイント減少と大きく変動していますが、前年同月(2016年6月)調査時と近い結果となっています。

 

 

この先、配偶者やパートナーの勤務先の待遇や状況は「良くなっていくと思う」9.9%(前回比1.6ポイント増加)、 「そう思わない」47.7%(前回比0.6ポイント減少)

この先、配偶者やパートナーの勤務先の待遇や状況は良くなっていくと思う人は、「とてもそう思う」0.8%、「わりとそう思う」9.1%を合わせた9.9%で、前回調査に比べて1.6ポイントの増加。一方、「あまりそう思わない」30.3%、「全くそう思わない」17.4%の合計は47.7%で、前回調査よりも0.6ポイント減少しています。
年代別では、30代は前回調査から「良くなっていくと思う」が5.6ポイント増加し、「そう思わない」が6.8ポイント減少と大きく変動していますが、配偶者やパートナーの来年の給料と同様に、前年同月(2016年6月)調査時と近い結果となっています。

 

 

 

「自分の来年の給料(収入)は増えると思う」13.1%(前回比0.7ポイント増加)、 「増えると思わない」48.9%(前回比3.5ポイント減少)

自分の来年の給料(収入)が増えると思う人は、「とてもそう思う」2.1%、「わりとそう思う」11.0%を合わせた13.1%で、前回調査に比べて0.7ポイントの微増に留まりました。一方、「あまりそう思わない」22.8%、「全くそう思わない」26.1%の合計は48.9%で、こちらは前回調査に比べ3.5ポイント減少となりました。
年代別では、40代50代で前回調査と大きな変動はありませんが、30代で「増えると思う」人が前回調査より6.1ポイント増加の22.7%(「とてもそう思う」4.6%、「わりとそう思う」18.1%の合計)し、「増えると思わない」人が前回調査より8.1ポイント減少の38.3%(「あまりそう思わない」17.2%、「まったくそう思わない」21.1%の合計)と給料アップの期待感が高くなっています。

 

 

この先自分の勤務先の待遇や状況は「良くなっていくと思う」8.0%(前回比0.8ポイント増加)、 「良くなっていくと思わない」52.3%(前回比3.0ポイント減少)

この先自分の勤務先の待遇や状況は良くなっていくと思う人は、「とてもそう思う」0.9%、「わりとそう思う」7.1%を合わせた8.0%で、前回調査に比べると0.8ポイントの微増に留まっています。一方、「あまりそう思わない」28.2%、「全くそう思わない」24.1%を合わせると52.3%で、前回調査より3.0ポイント減少しています。
年代別では、40代50代に前回調査と大きな変動はありませんが、30代で「良くなっていくと思う」人が前回調査より3.3ポイント増加の12.6%(「とてもそう思う」1.6%、「わりとそう思う」11.0%の合計)し、「良くなっていくと思わない」人が前回調査より7.5ポイント減少の44.1%(「あまりそう思わない」24.9%、「まったくそう思わない」19.2%の合計)と働きやすい職場環境への期待感が高くなっています。

 

 

ダイジェスト

①現在の生活について

②現在の収入について

③景況感と消費について

④節約意識について

⑤これからの生活や収入について

⑥将来に対する気持ちについて

⑦アベノミクスと今後について

一覧に戻る