Woman Smile Report 女性たちの暮らしと意識をレポートします

「女性の生活意識アンケート調査」(第12回) ⑤これからの生活や収入について

「これから」は不安含み。

2017/12/18

ベルメゾン生活スタイル研究所では、2012年6月から半年に1回、女性を対象にした生活意識アンケート調査を実施しています。この調査は、女性の生活実感や景況感、消費や節約意識について聞いた結果を時系列データとしてまとめたもので、今回は、全7回に分けてレポートいたします。

●調査は21017年10月30日~11月16日にインターネットで実施。30~50代女性1830名の回答結果を集計しました。

 

「一年後は生活しやすくなる」1.8ポイント減少、「夫の来年の給料が増える」1.3ポイント減少。

これから1年後は生活しやすくなっているは、前回調査と横並びの8.3%、また、一年先は生活しやすくなっていると思うは、1.8ポイント減少の9.7%に留まり、以前厳しい経済予測が続いています。

来年の経済状況は今より「マシになると思う」8.3%(前回比-0.4ポイント)、 「そう思わない」50.8%(前回比+2.8ポイント)

来年の経済状況は今よりマシになると思う女性は、「とてもそう思う」1.4%、「わりとそう思う」6.9%を合わせた8.3%に留まり、前回調査より0.4ポイントの微減。一方、「あまりそう思わない」34.9%、「全くそう思わない」15.9%を合わせた50.8%で、前回調査よりも2.8ポイント増加となりました。
年代に関係なく、半数前後の女性が来年の経済状況は今よりマシになると思わず、依然として厳しい経済予測が続いています。特に50代は来年の経済状況は、今よりマシになると思わないが55.1%(「あまりそう思わない」38.4%、「全くそう思わない」16.7%の合計)と前回から7.1ポイントと大きく増加しました。

 

これから一年後は生活しやすくなっていると 「思う」9.7%(前回比-1.8ポイント)、 「そう思わない」49.8%(前回比-2.0ポイント)

これから一年先は生活しやすくなっていると思う女性は、「とてもそう思う」2.0%、「わりとそう思う」7.7%を合わせた9.7%に留まり、前回調査より1.8ポイントの減少となりました。一方、「あまりそう思わない」33.8%、「全くそう思わない」16.0%の合計は49.8%で、前回調査より2.0ポイント減少しました。経済状況と同様に、生活のしやすさも依然として厳しい結果が続いています。

 

夫の来年の給料(収入)は「増えると思う」15.4%(前回比-1.3ポイント)、 「そう思わない」45.1%(前回比+1.2ポイント)

夫の給料(収入)が増えると思う既婚女性は、「とてもそう思う」2.3%、「わりとそう思う」13.1%を合わせた15.4%で、前回調査より1.3ポイント減少。一方、「あまりそう思わない」26.1%、「全くそう思わない」19.0%を合わせた45.1%で、前回調査よりも1.2ポイント増加となりました。
年代別では、「増えると思う」が最も高い30代の24.3%(「とてもそう思う」と「わりとそう思う」の合計)と最も低い50代の7.1%で17.2ポイントの差がでました。反対に、「そう思わない」では30代の33.3%(「あまりそう思わない」と「全くそう思わない」の合計)が最も低く、最も高い50代の60.4%と27.1ポイントの差があり、給料の期待感に大きな差があります。

 

この先、夫の勤務先の待遇や状況は「良くなっていくと思う」10.7%(前回比+0.8ポイント)、 「そう思わない」47.3%(前回比-0.4ポイント)

この先、夫の勤務先の待遇や状況は良くなっていくと思う女性は10.7%(「とてもそう思う」1.2%、「わりとそう思う」9.5%の合計)、前回調査に比べて0.8ポイントの微増でした。一方、「思わない」は47.3%(「あまりそう思わない」28.8%、「全くそう思わない」の合計)で前回調査よりも0.4ポイントの微減となりました。給料の期待感と同じように、勤務先の待遇や状況も30代と50代でギャップが大きくなっています。

 

「自分の来年の給料(収入)は増えると思う」13.1%(前回比±0ポイント)、 「増えると思わない」52.6%(前回比+3.7ポイント)

自分の来年の給料(収入)が増えると思う女性は、「とてもそう思う」2.3%、「わりとそう思う」10.8%を合わせた13.1%で、前回調査と同ポイントとなりました。一方、「あまりそう思わない」27.6%、「全くそう思わない」25.0%の合計は52.6%で、こちらは前回調査に比べ3.7ポイントの増加となりました。
来年の自分の給料と夫の給料の期待感を比べると、50代はあまり違いはありませんが。30代と40では「増えそうと思う」(「とてもそう思う」と「わりとそう思う」の合計)はあまり変わりませんが、「そう思わない」(「あまりそう思わない」と「全くそう思わない」の合計)は●●で、夫に比べて自分の給料は上がらないと考えている女性が多いです。

 

この先、自分の勤務先の待遇や状況は「良くなっていくと思う」8.0%(前回比0.8ポイント増加)、 「良くなっていくと思わない」52.3%(前回比2.9ポイント減少)

この先自分の勤務先の待遇や状況は良くなっていくと思う人は、「とてもそう思う」0.9%、「わりとそう思う」7.1%を合わせた8.0%で、前回調査に比べると0.8ポイントの微増に留まっています。一方、「あまりそう思わない」28.2%、「全くそう思わない」24.1%を合わせると52.3%で、前回調査より2.9ポイント減少しています。
年代別では、40代50代に前回調査と大きな変動はありませんが、30代で「良くなっていくと思う」人が前回調査より3.2ポイント増加の12.6%(「とてもそう思う」1.6%、「わりとそう思う」11.0%の合計)し、「良くなっていくと思わない」人が前回調査より7.4ポイント減少の44.2%(「あまりそう思わない」24.9%、「まったくそう思わない」19.2%の合計)と働きやすい職場環境への期待感が高くなっています。

 

 

ダイジェスト

①現在の生活について

②現在の収入について

③景況感と消費について

④節約意識について

⑤これからの生活や収入について

⑥将来に対する気持ちについて

⑦アベノミクスと今後について

 

一覧に戻る