Woman Smile Report 女性たちの暮らしと意識をレポートします

「女性の生活意識アンケート調査」(第13回)⑤これからの生活や収入について

来年の配偶者の給料、「増えると思う」が3.4ポイント増加。

2018/08/06

ベルメゾン生活スタイル研究所では、2012年6月から半年に1回、女性を対象にした生活意識アンケート調査を実施しています。
この調査は、女性の生活実感や景況感、消費や節約意識について聞いた結果を時系列データとしてまとめたもので、
今回は、全7回に分けてレポートいたします。

 

●調査は2018年6月8日~6月24日にインターネットで実施。30~50代女性1227名の回答結果を集計しました。

 

「一年後は生活しやすくなる」2.3ポイント増加、「夫の来年の給料が増える」3.4ポイント増加。

 

これから1年後は生活しやすくなっていると「思う」女性は前回調査より2.3ポイント増加の12.0%、また、来年の配偶者の給料についても「増える」と思う女性は前回調査より3.4ポイント増加の18.8%と改善に期待する結果となりました。とはいえ、「そう思わない」と回答する割合は依然半数前後と、以前厳しい経済予測が続いています。

来年の経済状況は今より「マシになると思う」8.2%(前回比0.1ポイント微減)、 「そう思わない」48.7%(前回比2.1ポイント減少)

 

来年の経済状況は今よりマシになると思う女性は、「とてもそう思う」0.9%、「わりとそう思う」7.3%を合わせた8.2%に留まり、前回調査より0.1ポイントの微減とほぼ変化なし。一方、そう思わない女性は、「あまりそう思わない」34.1%、「全くそう思わない」14.6%を合わせた48.7%で、前回調査よりも2.1ポイント減少となりました。

年代に関係なく、半数前後の女性が来年の経済状況は今よりマシになると思わず、依然として厳しい経済予測が続いています。

 

これから一年後は生活しやすくなっていると 「思う」12.0%(前回比2.3ポイント増加)、 「そう思わない」47.2%(前回比2.5ポイント減少)

 

これから一年先は生活しやすくなっていると思う女性は、「とてもそう思う」1.6%、「わりとそう思う」10.4%を合わせた12.0%で、前回調査より2.3ポイントの増加となりました。一方、「あまりそう思わない」32.0%、「全くそう思わない」15.2%の合計は47.2%で、前回調査より2.5ポイント減少しました。
生活がしやすくなることに期待する女性は調査開始以来1割前後の厳しい結果が続いています。

 

この先、夫の勤務先の待遇や状況は「良くなっていくと思う」11.2%(前回比0.5ポイント微増)、 「そう思わない」45.4%(前回比1.8ポイント微減)

 

この先、夫の勤務先の待遇や状況は良くなっていくと思う女性は、「とてもそう思う」0.6%、「わりとそう思う」10.6%を合わせた11.2%で、前回調査に比べて0.5ポイントの微増。
一方、「あまりそう思わない」28.9%、「全くそう思わない」16.6%を合わせた45.5%で、前回調査よりも1.8ポイントの微減となりました。

夫の勤務先の待遇や状況が「良くなっていくと思う」女性の割合はまだまだ少ないですが、調査開始時の2012年6月には5%台だったものが、前回初めて2桁に乗りました。

調査開始以来、増加と減少を繰り返しながら、ゆるやかに増加傾向をみせています。
年代別にみると低い年代ほど、夫の勤務先の待遇や状況が良くなっていくと思う割合が高い傾向があります。

 

「自分の来年の給料(収入)は増えると思う」14.1%(前回比+1.0ポイント)、 「増えると思わない」48.9%(前回比-3.7ポイント)

 

自分の来年の給料(収入)が増えると思う女性は、「とてもそう思う」2.2%、「わりとそう思う」11.9%を合わせた14.1%で、前回調査に比べて1.0ポイントの微増でした。
一方、「あまりそう思わない」24.3%、「全くそう思わない」24.6%の合計は48.9%で、こちらは前回調査に比べ3.7ポイントの減少となりました。

 

来年の自分の給料と夫の給料の期待感を比べると、夫の給料(収入)に期待する割合の方が多く、夫に比べて自分の給料は上がらないと考えている女性が多いといえそうです。

 

 

夫の来年の給料(収入)は「増えると思う」18.8%(前回比3.4ポイント増加)、 「そう思わない」42.1%(前回比3.0ポイント減少)

 

夫の給料(収入)は増えると思う女性は、「とてもそう思う」1.6%、「わりとそう思う」17.2%を合わせた18.8%で、前回調査より3.4ポイント増加。
一方、「あまりそう思わない」22.8%、「全くそう思わない」19.3%を合わせた42.1%で、前回調査よりも3.0ポイントの増加となりました。

 

年代別では、「増えると思う」が最も高い30代の28.5%(「とてもそう思う」と「わりとそう思う」の合計)と最も低い50代の9.0%で19.5ポイントの差。反対に、「そう思わない」では30代の31.7%(「あまりそう思わない」と「全くそう思わない」の合計)が最も低く、50代の62.6%が最も高く30.9ポイントの差があり、給料の期待感に大きな差があります。

 

この先自分の勤務先の待遇や状況は「良くなっていくと思う」9.3%(前回比+1.7ポイント)、 「良くなっていくと思わない」51.0%(前回比-3.6ポイント)

この先自分の勤務先の待遇や状況は良くなっていくと思う女性は、「とてもそう思う」1.4%、「わりとそう思う」7.9%を合わせた9.3%で、前回調査に比べるて1.7ポイントの微増。
一方、「あまりそう思わない」30.0%、「全くそう思わない」21.0%を合わせると51.0%で、前回調査より3.6ポイント減少しています。

年代別では、年代が高いほど「良くなっていくと思わない」(「あまりそう思わない」と「全くそう思わない」の合計)も高くなっています。どの年代も「良くなっていくと思わない」が、3~4ポイント減少しており、夫の勤務先の待遇や状況と同様、わずかながらも良くなっていくことへの期待がうかがえます。

一覧に戻る