Woman Smile Report 女性たちの暮らしと意識をレポートします

「夏休みの過ごし方」について

理想は「一定期間を自由に決められる”自由型“」。

2015/09/25

理想の夏休みは、

「一定期間内で自分で自由に決められる”自由型“」、58.9%。

 

夏休みのスタイルも多様化しており、9月に入ってから長期休暇をとられている方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回の調査では、今年「勤め先で決められている全社一斉の固定型の夏休み」だった人は、40.5%、「一定期間内で自分で自由に決められる自由型の夏休み」、だった人は43.8%で、ほぼ半々という現状が見えてきました。一方、理想のスタイルを聞いてみると、「一定期間内で自由に決められる自由型」と回答した人が58.9%で自由型の人気が高く、固定型は10.6%で人気がないことがわかりました。今後の夏休みスタイルはさらに多様化していくのではないでしょうか。

 

ところでベルメゾンデッセ会員のみなさんは、今年の夏休みをどのように過ごされたのでしょうか。

今回も3224人から貴重なご意見をいただき、本当にありがとうございました。

それではご一緒に調査結果を見ていきましょう。

Q.今年の夏休みは何日ありましたか?

64_Q01

今年の夏休み、3割の人が「4~5日」、「夏休みがない」人も2割強。

今年の夏休み、最も多かったのは「5日」の17.3%、次いで「4日」の13.3%、「9日」の10.5%が続きました。

「夏休みはない」と答えた人は22.0%。1日だけという人から10日以上と答えた人まで、かなりばらつきがありました。

Q.夏休みの日数について、どのように思いますか?

64_Q02

夏休みの日数、全体の半数以上が「満足」、20代では7割近くが「満足」。

夏休みの日程について、「満足している」と答えた人は18.8%、「わりと満足している」と回答した32.9%を合わせると、51.7%が満足している結果になりました。年代別にみると、20代の満足度が68.6%で、飛び抜けて高い結果となりました。

Q.あなたの夏休みは、勤め先で休みの期間が決められている夏休みですか。自分で自由に夏休みの日程を決められる夏休みですか?

64_Q03

夏休みのスタイル、「固定型」「自由型」は半々。

「勤め先で決められている全社一斉の固定型の夏休み」と答えた人は40.5%、一方「一定期間内で自分で自由に決められる自由型の夏休み」と答えた人は43.8%。ほぼ半々という結果になりました。また「併用型」は15.7%でした。

Q.あなたが良いと思う夏休みのタイプはどのタイプですか?

64_Q04

今後の夏休み、「自由型」を望む人約6割、「併用型」を望む人約3割。

夏休みの理想のタイプをたずねると、「自由型」を望む人が58.9%で最も多く、次いで、「併用型」

の30.6%という結果になりました。勤め先で決められている全社一斉の「固定型」の人気は低く、10.6%に留まりました。

Q.今年の夏休みはどのように過ごしましたか?

64_Q05

今年の夏休み、1位「日帰りのお出かけ」 2位「帰省」 3位「国内旅行」。

夏休みの過ごし方について、最も多かったのが「日帰りのお出かけ」で39.4%、次いで「帰省」32.4%、「国内旅行」27.3%が続きました。また、4人に1人は「どこにも出かけず自宅で過ごした」と回答。年代別では、20代で「帰省」と答えた人が52.2%と全体を20ポイント上回る結果になっています。

Q.国内旅行はどのような乗り物を使われましたか?

64_Q06

国内旅行、約7割が「マイカー」を利用。

国内旅行をした人に旅行手段を聞いてみると「マイカー」が68.6%でトップ。特にお子さんがまだ小さな30代では74.4%と、全体より約6ポイント高い結果になりました。このところ人気の「鉄道」利用者は25.6%で4人に1人。家族での移動を考えるとコスパのよい「マイカー」を選択する人が多くなるのは当然の結果といえそうです。

Q.あなたは夏休みにどのような日帰りのお出かけをしましたか?

64_Q07

日帰りのお出かけ、

1位「ショッピングモール・商業施設」 2位「カフェ・レストラン」 3位「イベント・お祭り」

日帰りのお出かけをした人にどのようなお出かけをしたか聞いてみると、最も多かったのが「ショッピングモール・商業施設」の54.8%。次いで「カフェ・レストラン」の38.4%、「イベントやお祭り」の32.9%が続きました。イベントやお祭りは、30代で突出しており47.3%と全体を14ポイント上回りました。小さなお子様を抱える30代にとってはイベントやお祭りが親子で楽しめるお出かけとして人気があるのだと思います。今年の夏も全国的に猛暑だったことから、ショッピングモールやカフェなど屋内に自然と足が向いたのではないでしょうか。

Q.今年の夏休みに、いくらぐらい使いましたか?

64_Q08

今年の夏休みの予算、6割以上が5万円未満。

今年の夏休みにかかった費用を聞いてみると、最も多かったのが「1~3万円未満」で22.7%。次いで「1万円未満」の21.7%、「3~5万円」17.8%が続きました。全体的にはバラツキがあるものの、6割以上が5万円未満ということがわかりました。

Q. 今年の夏休みに使った金額は昨年に比べてどうでしたか?

 

64_Q09

今年の夏休みの支出、 「増えた派」「減った派」がほぼ同数

今年の夏休みに使った金額について昨年との比較を聞いてみると、「大幅に増えた」人は10.4%、「少し増えた」人は15.3%で合わせると25.7%が「増えた」と回答しました。一方、「大幅に減った」人は10.3%、「少し減った人」は16.5%で合わせると26.8%。増えた人、減った人はほぼ同数という結果になりました。

Q.夏休みの過ごし方は毎年同じ同じような過ごし方ですか。それとも年によって違った過ごし方をする方ですか?

 

64_Q10

休みの過ごし方、4人に3人は「毎年同じ過ごし方」。

夏休みの過ごし方について、「毎年同じような過ごし方」と答えた人は16.9%、「わりと同じような過ごし方」と回答した59.6%を合わせると76.5%が毎年同じような過ごし方をしていることがわかりました。一方「違った過ごし方をする」人は23.4%。年代別でみると20代は38.2%で、他の年代より違った過ごし方をする割合が高い結果となりました。

Q.今年の夏休みで、最も印象に残ったこと、楽しかったことを教えてください。

64_Q11

 

今年の夏休みで印象に残ったことを自由に記述してもらいました。

久しぶりに親戚や友人と会って楽しい時間を過ごした人、子どもが生まれて初めての夏休み、子どもの初めての海水浴やキャンプデビューをした人、親子3世代で旅行した人など、みなさん楽しい夏休みを過ごされたようです。今年の夏休みで印象に残ったことの中から、いくつか紹介します。

 

  • 愛犬と一緒にカヌー&ラフティングに挑戦したこと。最近は愛犬と一緒に過ごせるホテルや施設、アクティビティなども増えてきて、遊びの幅がとても広がりました。愛犬も大事な家族なので、夏休みもなるべく一緒に過ごしました。(28歳・主婦・愛媛県)
  • 1歳の子どもを連れて、初めて新幹線に乗ってホテルに泊まりました。緊張しましたが、事前準備もあって乗り越えることができました。また、初ディズニーで乗り物にのったことです。(35歳・主婦・神奈川県)
  • 毎年恒例の箱根への家族旅行でしたが、噴火の影響でお客さんが少なく、今年はとても空いていていつもより広い部屋にして頂けのんびり出来た。(38歳・パート・静岡県)
  • 家族で宮古島旅行へ、シュノーケルをして海亀を見ましたが…子供が途中で泳げなくなりおぼれそうになりました。近くの珊瑚につかまって事なきを得ましたが、カクカク震えていた子供の体を今も思い出します。しかし、親の心配も関係なく海亀を見れた事になにより感動て、おぼれた事も忘れ、次の日も海に入りっぱなしでした。(39歳・主婦・千葉県)
  • 子供(10歳)海外でホームステイと留学を予定していた。実際は10歳一人では飛行機に乗せてもらえないことが発覚(LCC航空)しょうがなく親が飛行機に一緒に乗っていき現地のホテルで子供のホームステイが終わるまで滞在。(帰りの飛行機も一緒に乗らなければいけない為)楽しかったけど・・・予定外の出費(39歳・アルバイト・大阪府)
  • 初めて車での帰省でした。行き8時間帰り10時間・・・荷物のこと、交通費を考えると今後も車での帰省になりそうです。途中のPAやSAで楽しめました。(40歳・主婦・東京都)
  • 震災後初めて海水浴に行きました。前回は怖がって海に入れなかった子どもが、とても楽しんでいたのでよかったなあと思いました。(42歳・パート・宮城県)
  • 家族5人で旅行をしたのは2年ぶり。海の近くの民宿や、山奥の古い小学校を改装した宿泊所など、珍しいところに泊まっていい思い出になりました。(44歳・主婦・東京都)
  • 9年ぶりに家族揃って、帰省できたのは、本当に良かったです。帰省中、私の両親宛に、おれおれ詐欺の電話があり、たまたま、私が、帰省していたので、私が、電話に出て対応した。生まれ始めて、刑事さんに会い、とても、印象的な、思い出です。(45歳・アルバイト・東京都)
  • 子供がオートバイの免許取得したので、家族で初めてツーリングに行きました。初心者なので遠乗りはできませんでしたが、とても充実したツーリングになったと思います。(50歳・主婦・静岡県)

調査を終えて

 

9月に入りテレビ番組を見ていると、キャスターの人が夏休みをとっているケースをよく目にします。私たち千趣会も、お盆の時期に全社一斉の夏休みが2日、あと3日は、7月から9月の間で自由にとれる、固定型と自由型の併用型を採用しており、それぞれの社員が多様な休暇スタイルを楽しんでいます。金曜日をお休みにして3連休を3回とっている人も多いようです。私も9月の最終週に3日間いただく予定にしております。

 

夏休みの過ごし方や楽しみ方は以前に比べて多様化していると思われますが、今回の調査では、4人に3人は「毎年同じような過ごし方をしている」と回答していました。お盆時期のお高速道路の大渋滞も夏の風物詩となっていますが、約6割のみなさんが望んでいる「一定期間内で自分で自由に決められる自由型」の夏休みが増えていくことで、旅行や帰省の分散化が進み、より心豊かな休日を楽しめるようになるのではないでしょうか。

一覧に戻る