Woman Smile Report 女性たちの暮らしと意識をレポートします

「ストレス」について

8割の人がストレスで体調不良!

2016/12/06

女性を取り巻く環境の変化によって、ストレスに悩む女性も年々増えていると聞きます。そこで今回は、普段のストレスの実態についてベルメゾンデッセ会員に聞いてみました。「ストレスについて」は2010年、2014年と時系列でウォッチングしています。

 

・調査は2016年10月12日~11月1日にインターネットで実施。20~60代女性4823名の回答結果を集計しました。

普段からストレスを感じている人は5人に4人。

まず、あなたは普段ストレスを感じることがありますかと質問したところ、「とても感じる」と答えた人が32.0%。「わりと感じる」と答えた人が49.3%で、81.3%の女性が普段からストレスを抱えていることがわかりました。

時系列でみてみますと、2014年とはほぼ同程度でした。年代別で見ますと30代が一番高く84.1%、次に20代が82.6%、40代81.6%、50代79.6%、60代以上になると64.1%と低くなる傾向がありました。

 

Q.あなたは、普段ストレスを感じることがありますか?

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95%ef%bc%91

 

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95%ef%bc%92

 

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95%ef%bc%93

今のストレス原因は、20代「お金に関すること」、その他の年代は「家族や親戚に関すること」

ストレスの原因は、1位「家族や親戚に関すること(53.8%)」、2位「仕事に関すること(46.6%)」、3位「お金に関すること(44.6%)」、4位「人間関係に関すること(39.1%)」、5位「家事や家の中のことに関すること(37.4%)」という結果になりました。

直近の2014年と比較すると、「家族や親戚に関すること」はー7ポイント。「お金に関すること」-6.7ポイント。「育児に関することは」-10ポイント。反対に増加した項目は「体調・健康に関すること」+7.7ポイントでした。

年代別の「ストレス原因」

20代:1位「お金に関すること」2位「家族や親戚に関すること」 3位「仕事に関すること」

30代:1位「家族や親戚に関すること」 2位「育児に関すること」 3位「お金に関すること」

40代:1位「家族や親戚に関すること」 2位「仕事に関すること」 3位「お金に関すること」

50代:1位「家族や親戚に関すること」 2位「仕事に関すること」 3位「人間関係に関すること」

60代以上:1位「家族や親戚に関すること」、2位「体調・健康に関すること」、3位「お金に関すること」「仕事に関すること」

20代は「お金に関すること」、それ以降の年代は「家族や親戚に関すること」が一番のストレス要因となっているようです。

 

Q.現在、あなたがストレスを感じていることは?
※ストレスを「とても感じる」「わりと感じる」と回答の方
4

ストレスの度合い、5人に1人が100%~81%と高ストレス。

現在のストレス度合いについて質問したところ、17.6%の人が「100%~81%」。「80%~61%」の36.1%を合わせると約2人に1人が高い度合いでストレスを抱えていますことがわかりました。

時系列でみると、「100%~81%」では2014年+5.6ポイント。2010年+9.3ポイントと増加傾向にあります。

年々ストレス度合いが高い項目のポイントが増加していることがわかります。

 

Q.現在のストレスの度合いを教えてください
5
6

ストレスで「体調が悪くなる」8割

ストレスが原因で「体調が悪くなることがある」26.2%、「ときどき体調が悪くなることがある」52.2%。という結果でした。合わせると約8割の人がストレスが原因で体調を崩しています。2014年と2010年と比較すると+13.4ポイント、+20.4ポイントと大幅に増加しています。

 

Q.ストレスが原因で体調が悪くなることはありますか?
7

 

 

「お金に対する不安」が今後のストレス原因に!

今後のストレス原因として大きくなっていくものとして「お金に対する不安」55.2%、「自分の老後に対する不安」47.6%、「健康に対する不安」47.3%という結果でした。特に「健康に対する不安」と「自分の老後に対する不安」「介護に対する不安」のポイントが2014年と比較して増加していました。

年代別「今後のストレス要因」

20代:1位「お金に対する不安」(69.8%) 2位「子育てに対する不安」(64.5%) 3位「健康に対する不安」(30.6%)
30代:1位「お金に対する不安」(58.6%) 2位「子育てに対する不安」(54.2%) 3位「健康に対する不安」(36.0%)。
20・30代は上位項目は同じでした。

40代:1位「お金に対する不安」(56.3%) 2位「自分の老後に対する不安」(52.3%) 3位「健康に対する不安」(50.8%)
50代:1位「自分の老後に対する不安」(61.2%) 2位「健康に対する不安」(55.9%) 3位「お金に対する不安」(48.6%)
60代以上1位「健康に対する不安」(62.8%) 2位「自分の老後に対する不安」(54.5%) 3位「お金に対する不安」(35.9%)

年齢が上がるにつれ「子育てに対する不安」→「自分の老後に対する不安」「健康に対する不安」と徐々に不安項目が変化しているということがわかります。

いずれにせよ、やはり「お金に対する不安」は各年代共通で高ポイントでした。

 

 

Q.今後、ストレスの原因として大きくなっていくと思うものをお答えください。
9

ストレス解消の定番「睡眠をとる」「デザートなどの甘いものを食べる」

ストレス解消法は「睡眠をとる」「デザートなどの甘いものを食べる」が1位、2位。

2014年と比較すると微減。今回の調査で微増したのは、「人とおしゃべりをする」「ショッピングをする」「前向きに考えるようにする」「自然にふれる」などの前向きな項目でした。ストレス解消に対する意識に変化が起きているのかもしれません。

 

Q.あなたのストレス解消法について、あてはまるものをお選びください。

10

 

<フリーアンサーより>
●ストレスは仕事場で発生するので、帰ったらテレビを観てお風呂に入って寝て忘れるだけ。それでも解決できずに溜まってしまった場合は週末の夜に友人と女子会で飲み食いして喋って発散して、翌日は昼過ぎまで爆睡して忘れる。(鳥取県30代)

●改善策がなければ、忘れるように、キュンキュンするドラマを見たり、ヨガに行ったりする。(福岡県40代)

●姑から与えられたストレスが多すぎるので、されたことと文句をノートに思うままに書いて、ケーキを食べる。友達と交われる時は、LINEで文句を言ったり、飲みながらお互いに日頃の愚痴を言い合う(愛知県40代)

●人と会っておしゃべりすることが一番のストレス発散になりますが、1人でいるときは甘いものを食べてゆったり過ごす(東京都30代)

●何もしてない。「ま いいやー」ってのは大人の必須スキルかもね(福岡県20代)

●友達とショッピングモールに行って爆買いして(笑)おしゃべりしつつおいしいお料理やスイーツを食べる!(愛知県30代)

●ひとまずは考えないように努めて気持ちを鎮めます。その手段として編み物や洋裁に没頭したり、ドラマや映画を観たり、買い物に出かけてみたりして脳をだまします。ついでにいつもより贅沢なスイーツを食して、まあしょうがないか、と思えたら、ストレスの原因に向き合って具体的な対処方法を考えます。これの繰り返しですね…(神奈川県30代)

●家事を放棄して 一日中ドラマ三昧。時間が許せばドライブに出掛け夜になったらそこに泊まる。そんな気ままな一人旅。(愛知県30代)

●山に登って汗をかきリフレッシュしたり、ひたすら寝る。いつもなら買わないようなスイーツを買って食べる。服やジュエリーを買って発散。お風呂が好きなので温泉へ行ったり、お家に入浴剤を入れてゆったり浸かる。お風呂で音楽をかけて、お風呂の中で歌うのはとても気持ち良いです(笑)(石川県30代)

調査を終えて

ストレスは当たり前の時代。

ストレスを抱えていないという人はわずか。ほとんどの人がストレスを抱えています。

ストレスの度合いも増え、実際に身体の不調を感じている人も多いようです。

しかし、ストレスに対して前向きな面も見えてきました。これまではストレスはひとりで抱え込み「寝る」「食べる」ことで発散という意見が多かったのですが、自分で前向きにコントロールしようという姿です。

「まーいいや」と考える、考えてもしょうがないことは考えない。といった精神的な面や、人と話す、自然と触れ合う、ライブではじける。というように、アクティブになることでストレス以上の楽しみを持つ。そういった回答が今回多かったです。

特に年代があがるにつれ、ストレスに対する対処が上手くなっており、ライブや観劇、ドライブ、ひとりカラオケなどの行動範囲が広がっているようでした。

ストレスは当たり前の時代。この先もストレスは増えていくでしょう。

しかし、ストレスと共存する術を見つけ出し、精神的にコントロールができる人が増えてきているのかもしれません。

 

 

 

一覧に戻る